初恋の人と再会したら……

2/4
104人が本棚に入れています
本棚に追加
/4ページ
「てんてぇ、あのね、今日ね、パパがお迎えにくゆの」 舌ったらずなかわいい声で話しかけてきたのは、ゆいちゃん。 私が担任する年少クラスの女の子。 「そうなの? ゆいちゃん、楽しみね」 父子家庭で、いつもおばあちゃんの送り迎えだから、お父さんとお会いするのはほぼ初めて。 入園式の日にはいらっしゃったはずだけど、大勢の入園児の保護者と会ってるから、正直、誰が誰の保護者なのかほとんど覚えていない。 夕方になり、お迎えに保護者が来始める。 間もなく5時という頃、 「ありがとうございました」 と男性に後ろから声を掛けられた。 見ると、どこか見覚えのある男性が立っている。 「小林 由花(こばやし ゆいか)の父です」 背が高く、優しそうに微笑む姿は、どこかで会ったような気がする。 けれど、まずはご挨拶! 「はじめまして。ゆいちゃんの担任の水野(みずの)と申します」 私はぺこりと頭を下げた。 「くくくっ、初めてじゃないし」 男性はおかしそうに目を細めて笑う。 「えっ? あ、失礼しました。入園式でお会いしてますもんね」 私はなんとかその場を取り繕おうと笑顔でごまかす。 けれど…… 「違う違う。もしかして、忘れた? 水野 知里(みずの ちさと)先生」 えっ、知り合い? フルネームで呼ばれて驚いた私は、相手を思い出そうと、必死で記憶を探る。 小林さん、小林さん…… けれど、全然思い出せない。 「くくくっ、覚えてるのは俺だけか。小学生の時、クラスメイトだった佐藤 敦(さとう あつし)だよ」 えっ!? 驚いた私は、もう一度彼を見つめた。 そういえば、面影がある。 「ま、苗字が変わってるから、仕方ないか」 彼は気を悪くする素振りもなく、相変わらず笑顔だ。 なんで苗字が変わったんだろ? 婿養子? でも、シングルファザーなのに…… 分からないことはたくさんあるけど、懐かしいことに変わりはない。
/4ページ

最初のコメントを投稿しよう!