(一)

1/3
557人が本棚に入れています
本棚に追加
/30ページ

(一)

「アンタが翔太の彼女か」  私は職場を出て駐車場へ行くまでの途中の道で、若い男性にそう声をかけられた。  男性は背が高く研修用のジャージを着ていた。附属の専門学校のマークが入ったジャージだった。髪は坊主頭で眉毛も剃っているようで細くいかつい印象だった。  男の子は私の方をジロジロ見てきた。仕事では事務用の制服を着るが、今は私服だ。職場と家との往復しかしない。しかも通勤は車。だから通勤用の服は、Tシャツにジーパンというラフな格好だった。  その格好を、この男の子はジロジロと、つま先から頭まで撫でるように見てきた。一体なんなのよ、この子は。失礼ね。 「アンタが翔太の彼女か、って聞いているんだ」 (続く)
/30ページ

最初のコメントを投稿しよう!