向日葵が見てる

1/13
24人が本棚に入れています
本棚に追加
/13ページ
「あんたなんか、お父ちゃんもお母ちゃんもおらへんくせに!」 美弥子が投げつけた言葉に、日向子は息が止まるかと思った。 美弥子にくるりと背を向けて家まで走って帰った。 お祖母ちゃんが庭で洗濯物を取り入れていた。 「どないした?」 「美弥ちゃんが……」そこまで言うと涙がボロボロこぼれ始め、しゃくりあげ、泣き出してしまった。 「どないしたんや?」日向子の顔を覗き込んでお婆ちゃんが聞いた。 「美弥ちゃんが……あんたなんか……あんたなんか……お父ちゃんもお母ちゃんもおらへんくせにって……」その後はオンオン泣いてしまった。 「そうか……」 おばあちゃんは、しゃがんで、日向子の顔をまっすぐ見て言った。 「ホンマのことやからしょうがないな」 日向子はまた息が止まるかと思った。
/13ページ

最初のコメントを投稿しよう!