第三話

1/1
20人が本棚に入れています
本棚に追加
/4ページ

第三話

控え室は熱気にあふれていました。 開会式も終了し、多くの出場者でひしめき合っています。 余裕の笑顔で談笑する者── 緊張の面持(おもも)ちで黙考する者── その光景も千差万別です。 当然ながら、私も緊張でカチコチになっています。 「マスター、顔がコワイです」 そう言って、シロップが目を丸くします。 「こんな凄い雰囲気の中じゃ、いやでも緊張するさ」 「マスターなら大丈夫デス!いつも通りやればいいのデス」 「お、たまにはいいコト言うね」 「いざとなれば、マスターのおじい様の秘伝書があります!」 「ああ、おじいちゃんのレシピノートね」 「確か、『ミンくんの』でしたね」 「なんかそれ、如何(いかが)わしいモンみたいだぞ!正しくは『ミンくんの』だよ」 シロップの言っているのは、私の祖父・千夜狐民斗(チヨコ ミント)(のこ)したレシピノートのことです。 生前に世界中をさすらい、ありとあらゆる食べ物の作り方を記してあります。 これまでも窮地に(おちい)った時、何度も助けられました。 「確かに心強くはあるが……でも今回ばかりは、はたして役立つかどうか……」 なにせ今回は、由緒ある異世界競技大会(ワールドコンテスト)が相手です。 とても一筋縄でいくとは思えません。 私は大きく一つ、ため息をつきました。 「お気の毒に……では、ワタシがマスターをリラックスさせるデス!」 「え?リラックスって……」 そのひと言に、一抹の不安が脳裏をよぎりました。 「はい。我が種族に伝わる秘伝の技法デス!」 そう言うと、シロップはそそくさと服を脱ぎ始めました。 ぶるんと巨大なメロンが顔を覗かせます。 途端に、私の頭から蒸気が噴出しました。 「い、いや、なんで服脱ぐの!?」 私は手で目をふさぎながら叫びました。 「エプロン姿に着替えるデス」 「な、なんでエプロンなんだ?」 「多肢族の古い言い伝えに、『裸エプロンは男のロマン』というのがあります。この姿になると、すべての男性が(いや)されるのデス!」 「一体どこのどいつだ!?そんなこと伝えたのは!」 声を荒げる私を見て、シロップはエプロンを放り出しました。 「分かりました。では何もつけずにやってみます!」 「いやもう、ハダカ……秘伝は十分だから。分かったから……お願い、なんか着て!」 私は真っ赤な顔で、必死に押しとどめました。 なんで多肢族は、こうもハダカに無頓着なのか…… 私は口を(とが)らせるシロップを見ながら、頭を抱えずにはいられませんでした。 おかげで、緊張もどっかへ飛んでしまいました。 ──ただ今より競技を開始いたします── その時、館内アナウンスが流れました。 いよいよ、競技開始のようです。 ──以下の方はご入場願います── 続いて、出場者の名前が呼ばれました。 低い唸り声を上げ、立派な(たてがみ)を生やした男性が立ち上がります。 その向かいに座る額に触角の生えた女性も、立ち上がりました。 さらに控え室の奥に、もう一名の姿も見えました。 よく見ると、各自助手らしき人を従えています。 皆何も言わずに、戸口から通路に消えて行きました。 競技は三名ずつのトーナメント方式で行われます。 魔法や呪術の使用は禁止されていますが、助手を一名付ける事は許可されています。 出場者が揃ってから、課題となる食材が発表されます。 これは、事前に調理方法を考案することを防ぐためです。 競技者はあくまで、競技時間の中でレシピを組み立てねばなりません。 食材はチームごとに異なります。 調理時間はたったの一時間。 二日間で、出場者の三分のニがふるい落とされます。 まずは、この第一試合に勝つことが先決なのです。 第一陣が退出してから一時間ほど経ち、第二陣の名前が呼ばれました。 競技の順番は大会運営局が決め、出場者には知らされていません。 対戦相手が誰なのか…… アナウンスで呼ばれるまで分かりません。 よって皆、ハラハラドキドキのしっ放しです。 その後も、次々と呼び出しが続きました。 気付けば、控え室にいるのは私を含め三名のみとなりました。 どうやら私は最終組のようです。 ──以下の方はご入場願います── ついに名前が呼ばれました。 「よし。行くか!」 私は誰にともなく声をかけると、勢いよく立ち上がりました。 こうなったら、腹を決めるしかありません。 シロップの言ったように、普段通りにやるだけです。 やる気満々の助手に(うなず)きかけ、私は通路に向かいました。 ************ 会場の盛り上がりは、最高潮に達していました。 横断幕や応援旗がはためき、拍手と歓声でドームが揺れています。 最終出場者の面々は、中央に設けられた三つの調理台の前に整列しました。  ──それでは選手をご紹介いたします── アナウンスの声に、ひときわ歓声が大きくなります。 ──まず始めは単眼族からファ・ミーレス!── 「うおぉぉぉっ!!」 単眼の大男が、腕を差し上げ雄叫びをあげます。 ──続いて有尾族からコン・ビーニー!── 「ほーほっ、ほっ、ほっ!!」 蛇のような尻尾を持つ女性が、高らかに笑います。 ──最後は人族から千夜孤黎人(ちよこ れいと)ぉー!── 「イェーいっ!!」 ……勿論、今のは私ではありません。 驚いて振り向くと、シロップが頭と胸にリンゴを乗せて手を振っています。 体全体でバランスをとっているため、まるで変な踊りを踊っているようでした。 「な……何やってんだ!?君は」 「ワタシが一番目立ってマス。これで優勝は戴きデス!」 「いやいや、そういう競技じゃないから!これは」 私はあたふたしながら、慌ててリンゴを取り上げました。 「でかしたぞぃ!我が娘よーっ!」 大声に振り向くと、シロップの父上のシュガー王がVサインを送っています。 「次からは、もっと大きいもの……そうだ!スイカにしなさい!」 「分かりました、お父様!二個乗せに挑戦しまーす!」 「踊りも派手にやるんじゃぞぃ!」 「イェッさー!ダディーっ!」 「いやだから、そういう競技じゃないからぁっ!」 私は間髪入れず、会話に割り込みました。 全く……娘も娘なら、親も親です。 キャッキャとはしゃぐ多肢族親子は無視し、私は調理台に向きなおりました。 「おや?なんだろ」 ふと、調理台の足元に目が止まりました。 場内のフロアは石造りとなっていますが、一箇所だけ黒いシートが張られています。 しかも少し盛り上がっていました。 隣の選手の調理台にも目を向けましたが、やはり同じようにシートが掛かっています。 ──それでは食材を発表いたします── 私が思案していると、場内アナウンスが流れました。 そのシートにスポットライトがあたり、会場のバックスクリーンに何かが映し出されました。 ──これが今回の食材です── 巨大なスクリーンに現れた映像を見て、場内にどよめきが起こりました。 ファ・ミーレス選手は単眼を大きく見開き…… コン・ビーニー選手は尻尾を小刻みに震わせ…… そして私は ポカンと口を開けたまま、固まってしまいました。 画面に映る、薄ピンク色の果実── 「マスター……あれは?」 シロップが、目にハテナマークを浮かべ尋ねます。 「あれは……」 私は(かす)れる声で答えました。 「の実だ」
/4ページ

最初のコメントを投稿しよう!