(一)

1/9
534人が本棚に入れています
本棚に追加
/30ページ

(一)

「今どき宇宙船を操縦できない男なんてありえない!」  エミリア・マーチンがクラスメイトの方を向いてそう大声で言った。それはホームルームでの出来事だった。  秋の連休の時期、学校の課外学習で木星へ行くことになっていた。学校の指定では現地集合現地解散であった。つまり、生徒たちは木星までは自力で行かねばならなかった。  木星までは星間航路が既に設けられており、スペースバスに乗れば行くことができる。お金持ち連中は家のクルーザーなどで行くことになるのだろうが、それはともあれ、木星までの交通手段は学校の方では用意してくれないのだ。 (続く)
/30ページ

最初のコメントを投稿しよう!