5 木型は椅子の中

1/2
66人が本棚に入れています
本棚に追加
/15ページ

5 木型は椅子の中

 厨房に戻ると、手の空いていたベルマンが私に気づいて笑顔を向けた。 「玉の輿かよぉ!? おい!」 「おう、アンバー。お帰り」 「殿下、美味いって?」  スヴェンとブロリーンが続き、驚いた私は戸口で立ち尽くした。  それから考えて、嘘を重ねない程度に答えた。 「甘いと仰って、お気に召して頂けたみたい」 「やったぜ!!」  トールが拳を突き上げて、私以上の歓喜を撒き散らす。 「来てくれ」  中央の台で数人と帳面を覗き込んでいるバルタサールに呼ばれ、少し気が紛れてそちらに向かった。 「殿下のいらした後、殿下の従者が来て、仰った事によると……モンティスさえ知らない秘伝のレシピがあるそうなんだよ。封印された『王子に捧げるベイキング』だそうなんだが……なにか聞いたか?」  聞いた。  たぶん、恐らく、ジンジャークッキーのわんぱく王子たちが戯れるようなケーキの事だ。一緒になって帳面を覗き込むと、不明瞭なスケッチと解読不可能な走り書きがあるばかりで、彼らが頭を抱えて呻るのも尤もだった。 「今までの流れていくと、これと、これと、これは、砂糖だろ? 卵……ミルク……小麦粉……この辺が焼き菓子だと思うんだけどなぁ」  めくりながら顎を掻くバルタサールに、私は尋ねた。 「その帳面はどこから?」 「あっち」  トルネルが答えた。その指の先は、棚。  棚は一見、整理整頓されているように見えた。けれどそれは剥き出しの中央部分と天井に近い戸棚だけで、床に近い下の戸棚の中は混沌としていた。モンティスが不要と判断したものが、乱雑に押し込まれているに過ぎなかったのだ。さらに下の戸棚は開ける気も起こさせないためなのか、戸棚部分を隠すようにして、予備の椅子や壺等が並べられていた。   「字だ」  唐突に、テディが言った。  指差されたその場所には、これまでとは違い文字だけが23行連ねられていた。しかも、同じ走り書きでもそれなりに読めるものだ。 「新しいレシピじゃない?」 「新しい?」  口から滑り出た言葉に、バルタサールがそのまま問い返してくる。 「考案してきちんと固まる前の、思いつくままに出したアイデアじゃないかしら。だからモンソン自身、読んでわかるように残した。頭の中で出来上がってしまえば、適当な覚え書き程度で充分だもの」 「なるほどな」 「だとしたら大発見だ!」  ベルマンとトールが三割増しに喜んでいる。  バルタサールはしばらくそのページに留まっていた。彼自身が残されたレシピ名に対して、あれこれと考えを巡らせているのだ。そんな中、私の目に飛び込んできて、深く根を下ろした一文があった。『わんぱく3剣士のマジパン』だ。ついさっき殿下から聞いた思い出話ではジンジャークッキーだった。そこから派生したレシピ。派生させる予定だったレシピだろう。 「たぶんだけど、このあと形になったものはあとのページにレシピがあるのかも」  私が言った瞬間、バルタサールの指が動いた。
/15ページ

最初のコメントを投稿しよう!