帰省のハプニング

1/1
15人が本棚に入れています
本棚に追加
/1ページ
 ある休日‥‥  僕は妻と娘の三人で、僕の実家に行くことになった。  実家までは、車で一時間ほどかかる距離だ。  が、両親は既に他界しているので、処分するための整理をするのが目的だった。  実家は二階建てで、一階の奥には親父のアトリエがあった。  親父は生前、趣味で油絵を描いていたからだ。  娘のエリは小学二年で好奇心に満ちた子なので、久しぶりの実家に着くと、はしゃぎだした。  特に一階のアトリエに入り、僕が探し出した『白い窓』という作品を見ると、 「これって何処の窓なの?」  さらに妻も、その絵をジロジロ見ながら、 「ホント‥‥奇妙な窓の絵ね‥‥」  確かに、その『白い窓』という絵は変わっていた。  暗い闇をバックにして、大きな白い窓だけが空中に浮遊しているような作品だったからだ。  僕自身、好きな絵だったが、絵ごころが無いため、 「まぁ‥‥そのへんの窓だろう‥‥」 「へー‥‥そうなの‥‥」  エリは、そう言いながら、その絵を見詰めていた。 「コーヒーでも飲もう」  と僕が妻と一緒にキッチンへ行こうとした時、エリが、 「あっ、窓が開いてきたー!」  僕たちは思わず「えっ!」と振り向いた。  すると少し開いた窓から、雨音が聞こえてきたのだ。  僕はエリの傍に行くと、 「おじいちゃんが来てるよ」 「えっ、なんで?」 「おじいちゃんの名前が、雨彦だからさ」  ――おわり――
/1ページ

最初のコメントを投稿しよう!