待ち合わせ

3/4
142人が本棚に入れています
本棚に追加
/10ページ
「んー、例えば、俺が『花火行きたいな。誰か一緒に行ってくれる女の子いないかな』って清香に言ったら、何て答えたか覚えてる?」 私は首を横に振る。  確かに、そんなこともあった。私を誘ってくれれば、喜んで一緒に行くのにって思った記憶はある。 「清香は『先輩が誘えば、来てくれますよ。クラスにかわいい子いないんですか?』って言ったんだよ。俺は、何回そうやって玉砕したことか」 「それはっ!」 だって、「私と一緒に」なんて言えるわけがない。 「でも、今はこうして清香と一緒にいられるわけだし、結果的には良かったのかな」 先輩は握った手に、きゅっと力を込めた。  母との会食は、こうして終始、和やかに進んだが、食事を終えると、食事代は先輩が出してしまった。 ダメ! そんなことしたら、後で、私が払わなきゃいけないんでしょ? 今、お母さんに出してもらわないと。 そう思っても、お母さんの手前、あまり強く言うこともできない。私は諦めるしかなかった。  駅で母を見送った私は、バッグから財布を取り出す。 「先輩、食事代、おいくらでしたか?」 私が尋ねると、先輩は呆れたようにため息を吐いた。 「そんなの、清香からもらうわけないじゃん。とりあえず、いろいろ話したいから、そこ入ろ?」 え!? お母さんいなくなっても、呼び方そのまま!? 先輩が目で指し示したのは、改札横のテナントに入っているカフェ。でも…… 「あの、私、そんなに手持ちないんです。延長とかできなくて……」 今回は2時間しか頼んでない。その後は、1時間越えるごとに5000円の延長料金が掛かる。 「ぷっ ほんと、どこまでも真面目というか、融通が効かないというか……」 そう呆れたように笑う先輩は、逆に自分の財布から一万円札を取り出した。 「ほら、返す。最初から、料金取るつもりなんてないよ。だから、おいで」 いや、それは…… 「ダメです。これ以上ないくらいに、ちゃんと役割を果たしてくれましたから、きちんと料金を取っていただかないと」 と私が右手を上げて押し留めると、先輩はその手首を握ってくるりと手のひらを上向け、そこに一万円札を握らせてしまった。 「こういう時は、ありがとうって受け取ればいいの。ほら、さっさと行くぞ」 先輩は、そのまま私を引っ張って店へ向かう。私は、力なく、そのまま後に従った。
/10ページ

最初のコメントを投稿しよう!