prologue

1/4
7356人が本棚に入れています
本棚に追加
/259ページ

prologue

オーストラリアから帰国して1週間。久世という友人の経営するクラフトビールバーへ行く。 「百々(もも)おかえり」 「ただいま、久世。本田と成瀬もありがとう」 「2年間のオーストラリア、お疲れ百々」 「元気そうだな」 カウンターに並んで座っていた本田と成瀬とも挨拶すると、本田が隣のスツールにずれて俺を真ん中に促す。 「黒で」 「了解」 俺の両隣で思い思いのビールを手にする本田と成瀬が今日ここに誘ってくれた。 「よし…おかえり、百々。乾杯」 「「「乾杯」」」 オーストラリアにいる間もこの二人とは定期的に連絡をとっていた。定期的と言っても忘れた頃に少し連絡を取り合う程度だ。久世と、あともう一人の友人は俺がオーストラリアに渡った直後に数回連絡をくれたが、俺の生活が安定したことを伝えると連絡は途切れた。俺からも特には連絡しない。それぞれの生活が忙しく充実している30代半ばのことだ。それでかまわない。 どれだけ久しぶりであろうがこうして顔を合わせば、互いに夢を熱く語り合った学生の頃の親しみが甦る。違うのは、あの頃はまだビールをこんな風に飲み慣れていなかったことだ。 「湊にも電話したけど出なかったんだよ」 「俺がもう一度電話してみようか?」 本田に言って久世が電話を掛けると、長いコールのあとで湊が応えたようだ。 「デート中だって」 「そりゃ電話にも出なかったはずだ」 電話を終えると、すぐにハワイアンポチキを俺たちの前に出してくれた久世にビールのおかわりを頼んだ。
/259ページ

最初のコメントを投稿しよう!