飴色のカーテンコール

通り雨の彼女と彼の幕間

生駒屋貴文

13分 (7,654文字)
夏の前に、一降りの雨と

12 648

あらすじ

梅雨空の重たい雲、大学の帰りによる海岸の砂浜に雨の日になると現れる女性に、葛城涼人はふと気になっていた。 いつもならすーっと消えていく彼女の姿、今日は自分に近寄って来て、挑発的な態度を取る。 彼女の理

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません