喫茶 雨音

1/1
3人が本棚に入れています
本棚に追加
/6ページ

喫茶 雨音

 ここは雨の日だけオープンする喫茶店『喫茶 雨音(あまね)』  店内のBGMは雨の音のみ。静かな時間を過ごしたい人たちの穴場となっている。  店主はボク、天ノ川星夜(あまのがわせいや)、今日で30歳を迎える。  スタッフは看板娘(かんばんねこ)のサニー。白くてフワフワした毛が可愛いと常連客からも人気が高いが当人(サニー)自身はそんなことはどうでもいい感じで素っ気ない。しかし、そんな態度もまた人気なのである。  今日も窓際の特等席から雨の降る風景を眺めている。  ──カランコロン  店の扉が開いて常連のサラリーマンがハンカチで汗を拭いながら入ってきた。  「いらっしゃいませ。」  「はぁぁぁ。ここは天国だぁ。外は雨の湿気と暑さで目が回りそう。」  サラリーマンはいつものカウンター席に座りながらもう一度汗を拭う。  「そうですねぇ。外は梅雨が明けたと言うのに雨続きで毎日ムシ暑いですねぇ。」  そう答えながら冷たいおしぼりとお水を彼の前に差し出した。  「まぁでも雨だからこそ雨音(ここ)で休憩という名目のコーヒータイム《おサボり》ができるんだけどぉ(笑)。あっ、お願いね。あー気持ちいい!」  サラリーマンは冷たいおしぼりで顔を拭きながら言った。  「かしこまりました。」  サラリーマンが注文したアイスコーヒーフロートを作り始める。    「そういえばさ、今日ってマスターの誕生日じゃなかったっけ?」  「わぁ、覚えててくれたんですか?ありがとうございます!」  「覚えるもなにもイケメンマスターの誕生日が7月7日の七夕ってめっちゃ印象強かったしさぁ……。」  「あ、それよく言われます(笑)。」  「で、織姫はいるの?やっぱり今夜はデートなの?うゎあ羨ましいなぁ!」  ニヤニヤしながらサラリーマンが質問してくる。  「あははは。デートしてくれる女性なんていませんよぉ。はい、どうぞ。コーヒーフロートお待たせしました。」  やんわりと話を反らせるようにコーヒーフロートを彼の前に置いた。    「またまたぁぁ。イケメンなぉにぃ……。」  と言いながらサラリーマンはコーヒーフロートに乗っかっているアイスクリームを嬉しそうに頬張った。  サニーのほうを見ると全く興味なさげに窓の外をジッと見つめていた。まるで飼い主の帰りを待ってるかのように……。
/6ページ

最初のコメントを投稿しよう!