巻き戻り

5/9
99人が本棚に入れています
本棚に追加
/82ページ
「桜、一体どうしたんだ?」 そう声をかけられて、気付くと私と大和は学校の近くの公園にいた。 「あ、ごめんっ……」 無我夢中(むがむちゅう)で全く意識をしてなかった手に、急に意識が働き始める。 慌てて繋いでいた手を離すと、今更恥ずかしさが込み上げてきた。 その時、強い風が吹いて、公園の並木がいっせいに葉を鳴らせた。 頬に感じる風 耳に入る心地いい音 手に残る大和の温もり やっぱり、夢なんかじゃない。 「大和、こんな迷惑をかけるような事をしてごめんね。 でも……一生のお願いだから、今から二週間、私のワガママに付き合ってほしいの」 なんの理由も告げず、こんなお願いが通るとは思っていない。 なのにーー 「いいよ。桜のワガママなら、なんでも聞いてやる」 大和は昔から優しかった。
/82ページ

最初のコメントを投稿しよう!