(一)

1/2
471人が本棚に入れています
本棚に追加
/32ページ

(一)

 中山道を進み碓氷峠を越えて信濃に入り、浅間山からのなだらかな丘陵地帯をしばらく行くと追分宿がある。そこからさらに少し進んだ場所に小田井という小さな宿場がある。  この小田井の宿には小さいながら小田井城という城があり、藩も設けられていた。藩主は笠原志摩介信一郎清治といい、今は参勤交代で江戸にいた。  この藩主が留守の間を狙ってというわけではないが、この藩では一つの問題が起きていた。  それは、山間部に野盗が住み着き、たびたび村を襲ようになったことであった。  野盗とはいっても、主に盗みで生計を立てていた。村の農作物、収穫物や漬け物などを盗み出すのだ。 (続く)
/32ページ

最初のコメントを投稿しよう!