百五十七

1/1
489人が本棚に入れています
本棚に追加
/160ページ

百五十七

 サタ様と戻ってきたらアール君とゆっくり眠り、朝食後私はついにカレーを作る。だけど、いまから作るカレーはポーションと同じで、辛味がないカレーかもしれない。    ――それでも、作って食べてもらいたい。まだベッドで眠る、2人を眺めた。 「あ、先にコメも炊かないと……何合炊こうかな?」  メスティンは2合だから、はじめはそれだけでいいかな。今日、上手く作れたら、みんなにも作って食べてもらおう。エルバの畑からコメ草を収穫して、袋にコメを取り出した。メスティンに魔法水とコメをいれて、ポケットストーブにセットして、私は料理博士を読んだ。  料理博士、カレーの作り方教えてください。 《はい。いまから作るのはククミン、タタメリック、コリアンダダを使ったスパイス、チキンカレーです》  スパイス、チキンカレーかぁ〜おいしそう。  博士、作るのを初めだから2人前のレシピをお願いします。 《かしこまりました。エルバの畑からタマネギギ、ショウガロン、ニンニクク、トマトマ一個ずつ収穫して、タマネギギ一個はみじん切り、ショウガロンとニンニククをおろしてください》  はい!  エルバの畑で博士が言った、タマネギギなどを収穫した。アイテムボックスからまな板を取り出して、タマネギギをみじん切り、ショウガロンとニンニククをおろした。  次はどうすればいいですか? 《お鍋に油を引き火にかけて、ニンニクク、ショウガロンのおろしを小さじ一ずつ入れて、タマネギギのみじん切りも加えて炒めてください。次にククミン、タタメリック、コリアンダダ小さじ1つずつ加えて炒め、鶏と刻んだトマト2個と水、コショウ少々と塩小さじ2分の1をいれて煮込めばスパイスカレーの完成です》  おお、私にも出来そう。  テーブルと卓上コンロを取り出し、細く切った薪を入れてチャッカマンで火をつけた。深いお鍋に油を引き火にかけてニンニククとショウガロンを炒め。  次にみじん切りにしたタマネギギを入れて、作ったスパイスを小さじ一ずついれて炒める。 「いい香り〜。次に残っていたモコ鳥とコロ鳥のお肉とトマトマ、水と塩コショウを入れて煮込めばスパイスカレーの完成!」  料理博士に聞いた通りの手順で煮込み、味見をしてみる。 「カレーだ! 辛くないカレー⁉︎」 《エルバ様、辛くしたい場合はチリチリペッパーをお好きな量を加えてください》  チリチリペッパー? 《チリチリペッパーとはトウガラシシを粉末にしたものです》  ほぉ。  甘みも欲しかったら、リリンゴとかハチミツかな? 「今回はこのまま食べよう!」 「いい匂いだな、食べよう」 「美味しそうです」  サタ様とアール君はカレーの匂いで目が覚めたけど、出来上がるまで黙ってみていたみたい。 「ごめん、いまからコメを炊くから火をつけて」  わかったと、サタ様がポケットストーブの中央に置いた、火の魔石に火をつけてくれた。コメが炊けるまで、カレーを薪を調節して弱火にして煮込む。  そして、15分経過してコメが炊けた。 「スパイスカレーを食べよう!」  アイテムボックスからお皿を取り出し、コメをよそい、カレーをかける。夢にまで見ていたカレーがいま目の前にある。 「「「いただきまーす!」」」  スプーンですくってパクッと食べる。  ――お、おお! まさしくカレーだ。 「おいしい――!!」 「なんだこれは――」 「初めての味です」  2人とも驚きながらも、カレーを口に運ぶスプーンが止まらない。    私も、もう一口食べようとしたが。いきなり、サタ様とアール君が「ウォォォォ――!」と叫び、体が目を開けていれないくらい光だす。私はとっさにカレーの皿を置き、その光に吹っ飛ばされて、テントの外へとコロコロ転がった。
/160ページ

最初のコメントを投稿しよう!