24

4/5
14人が本棚に入れています
本棚に追加
/63ページ
「……ねぇ、歩。ほんとに志望校を変えるつもりなん?」 「え――」 「歩が本気でそうしたいっていうんなら、止めるつもりはないけどさ。少しでも迷ってるんなら、一緒の高校に行こうよ」 「……でも」 「大丈夫だって。これからどんなに環境が変わっても、俺たち自身が変わっても、その都度立ち止まって、一緒に考えていけばいいじゃん。……なんかさぁ。俺、ここしばらく歩と離れてみて、ほんときつかったんだよね。だから、出来るだけ歩がそばにいてくれたほうが安心する」 「安心って、司が?」 「うん。……そういや、こないだの夏休み、歩に『俺の色って何色?』って聞いたことがあったよな。あのとき、歩が『自宅みたいな』って言ってくれたこと、覚えてる?」 「うん」 「あれ、じわじわ嬉しいなって思ってて。だって、自宅って絶対代わりがきかないし、心から安心できる場所ってイメージじゃん」 「……うん」 「そういう風に思ってもらえるのって、なんか嬉しいっていうか、最高じゃね?」 「……そうかな」 「そうだよ」  恥ずかしそうに目を逸らす歩に向かって、司は両手を差し出した。 「だからさ。はいっ、どうぞー!」 「どうぞ、って……、え、」 「久しぶりの自宅、堪能してよ」 「は――、いや……、わっ!」  戸惑う歩にまっすぐに向き合うと、司は歩に詰め寄って、その体をぎゅっと抱きしめた。 「はぁー。自宅……、自宅かぁ。うん、確かになんか安心するかもー……ってあれ」  体を離してみると、顔を真っ赤に染めた歩が目の前ですっかり固まっている。 「ごめん、ハグ、やっちゃダメだった?」 「――……い、いや、そうじゃなくて。司のほうこそダメなのかと思ってたから」 「えー、俺は別に。これくらいよくない?」 「だって、学校で噂されたときすごく怒ってたでしょ。だから、こ、こんな風にするの、嫌なのかなって」 「だから前も言ったじゃん。あれは」 「分かってるけど。……そうやって司にどんどん甘やかされると、なんていうか……、怖くなる」  歩はこころもち後ずさると、戸惑うように目を泳がせる。 「甘やかしてるつもりはないけどなぁ。周りがなんて言ったって、お互いが嫌じゃなけりゃそれでよくない?」 「……そんな考えでいると、先々よくないと思うよ」 「先々よくない? なんで?」 「なんで、って言われても――」  歩は困ったように目を逸らしたまま口ごもっている。
/63ページ

最初のコメントを投稿しよう!