真夜中の442Hz

聞こえないはずの442Hzの音がした。

小池宮音

青春 完結
14分 (7,967文字)
超・妄想コンテスト「夏の夜」応募作品

0 4

あらすじ

「マレット忘れた」 幼馴染のその一言で真夜中の学校に忍び込む羽目になった。 音楽室から何かの音がする。 「チューニングの音……442HzのB♭だ」 *** 別のサイトに投稿したものを加筆修正し

感想・レビュー 1

吹奏楽部の青春模様

吹奏楽部の2人が忘れ物をしたために、夜の学校に侵入することに……。夜の学校というだけでもドキドキなのに、その2人がいい雰囲気の男女という!ドキドキしないわけがないシチュエーションですね! さらには最後
1件1件

この作品を含むお気に入りリスト 1件

その他情報

公開日 2022/8/2