【急募】オレの嫁

2/3
31人が本棚に入れています
本棚に追加
/3ページ
な?普通だろ? 出来れば⋯⋯そうだな。 子供は多ければ多い程いいだろう。 何?そんなに甲斐性(かいしょう)があるのか、だって? そんなもの、愛さえあればどうにでもなる、とオレは思っている。愛は偉大(いだい)だ。 「あぁー、早く見つからないかな。オレの運命の人」 こんなノンビリとした口調だが、実はオレは非常に焦っていた。 だから、今日もこうして街中で嫁探しに(はげ)んでいる訳なんだが⋯⋯ 何故(なぜ)か上手くいかない。 いや、本当は理由なんてとっくに分かっているんだ。 女は皆、イケメンやイケメンボイスが好きなんだ、って⋯⋯。 でも、オレは信じているんだ。 オレのピュアな内面を、ちゃーんと見てくれる素敵な女の子が現れるって。 夏の太陽がいくら照りつけようと、叩きつけるような雨が降ろうと、オレにはそんなものは関係ない。 朝も昼も夜も、せっせとオレは女の子にアピールを続けた。 その結果ーー 努力がついに実を結ぶ日が来た。 「あのぅ、私と結婚してくれませんか?」 オレは心の中でガッツポーズをした。 めちゃくちゃ可愛くて優しそうな女の子だったからだ。 この子となら、きっと幸せな家庭が作れるだろうと、オレは確信した。 ほら、 だから言っただろ? いつか、オレを分かってくれるヤツが現れるって。 オレは迷わずその子と結婚をした。 そして、 結婚してからあっという間に7日が過ぎた頃ーー 体に異変を感じ始めた。 残念だけど、そろそろオレの人生は終わりを告げるようだ。 でも、この7日間は長い長いオレの人生の中で、 最高の7日間だった。 オレは婚活にも成功して素敵な嫁も出来、可愛い子供だって出来た。 「もう⋯⋯俺の人生に⋯⋯悔いは、な、い⋯⋯」 あぁ⋯⋯ ついに上手く体が動かなくなってきた。 ひっくり返ってしまった俺は、もう手も足も動かせそうにない。 本当に⋯⋯本当にいい人生だったな⋯⋯
/3ページ

最初のコメントを投稿しよう!