再愛

4/4
40人が本棚に入れています
本棚に追加
/9ページ
「離婚したら、もう誰にも遠慮することなんてないだろう?」 「そうだけど……」 「何? 俺じゃご不満ですか?」 「ううん、そうじゃなくて……謙ちゃん! 私なんかで良いの?」 「何言ってんだよ! 俺は杏しか嫌だよ。もう離れたくないよ。杏は違うの?」 「ううん。なんだか怖いの。またずっと一緒に居たら女の魅力がなくなって、女として見てもらえなくなるんじゃないか? って……」 謙は、ぎゅーっと杏を抱きしめて 「トラウマになってるんだな。俺はそこまでマザコンじゃないし、俺の1番は杏だよ。なんなら、毎日こうして抱きしめていたいぐらいだよ」 「ふふ、それは重いかも……」 「だろう? だから、ほどほどに愛し合いたい」 「うん、分かった」 チュッ チュッ 「もっと!」 「ふふ」 熱いキスを交わす ドンドンドンドン ドッカーン! パチパチ パチパチ パァーン 「あ、始まった!」 襖を開けて、2人並んで夜空に大きく花開く数々の花火を見上げる。 「綺麗〜」 「うん、綺麗だな」 チュッ こめかみにキスをする謙 「結婚しような!」 「うん」 その後すぐに離婚届が提出され、杏は、謙の元へと行った。そして、半年後に結婚し、すぐに子どもを授かり31歳でパパママになった2人。 「可愛いね〜」 「うん、杏ありがとう! 杏に似て美人だな」 「ふふ、モテちゃうかも」 「イヤだよ! 嫁には出さない!」 「ダメよ、甘やかさないでね、ファザコンになっちゃう」 「そうだな、ちゃんと幸せになって欲しいな」 「うん」 「でも、甘やかしちゃう〜」 「もう〜」 メロメロになりそうな2人。 お幸せに〜 ーfinー 心優(mihiro)
/9ページ

最初のコメントを投稿しよう!