プロローグ

1/1
2804人が本棚に入れています
本棚に追加
/110ページ

プロローグ

 浅い眠りから覚めると、見慣れた天井に安堵のため息が漏れた。また、ちゃんと現実に戻ってこれたのだ、と。  今日も今日とて、また、夢を見ていた。正しくは、夢なのか、それとも幻覚なのか、はっきりとは分からない。  目を閉じると、瞼の裏に、ぼんやりといくつもの光景が浮かんで来る。初めて見る景色に、会ったことのない人物。それが本当に実在するのかも、自分には確認するすべなどないのに。  夢の内容は、正直よく覚えていない。それでも目が覚めると、いつもぎゅっと胸を締め付けられる。時に温かくて、時に切ない……自分でもよくわからない感情だ。  夜通し眠っていても、体は鉛のように重く、這うようにデスクへ向かう。  そして使い古したペンを、ただ夢中で走らせた――
/110ページ

最初のコメントを投稿しよう!