すれ違い

2/2
86人が本棚に入れています
本棚に追加
/14ページ
「何してるの?」 「あ、これは、違うんだ」 「何が違うの?」 2人は、裸。事が終わりピロートークでもしていたのだろうか。 「最低!」 そのままバタン! とドアを閉めて、マンションを出た。 驚き過ぎて、悔しくて、涙も出ない。 人は、怒り過ぎると涙すら出ないんだと知った。 ボーっとし過ぎて、電車で帰る気にもならず、手を挙げてタクシーを止めていた。 家の住所を伝え、ずっと黙ったまま外の景色を見ていた。そういう時に限って、やたらとカップルの姿が目につく。 ──私たちもあんなに仲が良かったのになあ この4年間は、何だったんだろう 40分後、家に着いた。 そのまま、部屋に篭った。 翌日は、土曜日でお休みだから良かった。ご飯も喉を通らず何も食べずに過ごした。 翔から何度もメッセージと着信があった。 開く気にもならず、そのまま放置。 母親が心配して話しかける。 「どうしたの? 何かあったの?」 言えるわけがない。結婚しようと思っていた相手に浮気されただなんて…… 『だから止めて良かったのよ』と言われかねない。 会社の同僚にメッセージを送り、全てを伝えた。 〈酷い! 何それ! もうそんな奴ダメだよ。咲希も違う恋をしたら? まだ若いんだし……〉 ****** それ以来、翔とは連絡も取らず、自然消滅状態。 悔しいが心のどこかには、まだ好きだという気持ちが残っていた。でも、もう無理だ。もしかすると、一度じゃなかったのかもしれない。それが許せなかった。 若かったから……
/14ページ

最初のコメントを投稿しよう!