この不思議な夜に……

2/10
16人が本棚に入れています
本棚に追加
/56ページ
ボックス席の怪しげな3人組からも賑やかな声がする。 「私、お酒飲めませぇーんっ!ノンアルでっ!」 その声に葉月は首を傾げた。 かなり大騒ぎしていたように見えたから、てっきり泥酔してるのだと思っていた。 楽しい雰囲気がそうさせていたのだろうと考えて、小さく笑った。 手を上げてマスターに主張するその女性と、ふと目が合う。 こちらが笑顔を浮かべて見ていたせいか、その女性もへろっとした笑顔で小さく会釈した。 何だか顔の造作が自分と似ているように思えて、親近感を覚えてしまう葉月だった。 「アキ、大丈夫か?ほんとビックリしたよ。あんないかつい大男に攻撃し掛けに行くなんてさ」 筋肉大男を相手に戦ったアキの腕や足を、ハルが擦りながら眉尻を下げる。 「あぁ、大丈夫だよ。子どもの頃からやってた空手が役に立って良かった」 「あんまり危ない事しないでくれよ。気にすると思って言わなかったけど、本当はアクションやってるのだって心配で仕方ないんだよ。 いつか大きな怪我でもするんじゃないかってさ」 「そうだな。確かにアクションばっかやってるとさ、本当に自分が無敵だと勘違いしちゃうフシがあるんだよな。気をつけるよ」
/56ページ

最初のコメントを投稿しよう!