第二章

63/115
19人が本棚に入れています
本棚に追加
/246ページ
「陽、無事だったか」 「え、ああ、うん」  母さん、その言い回しは物騒だろう。 「和美は昔から気に入った男は必ず取って食ってしまうような女だ。宵子と言えど、血は争えなかったというわけか」 「やだ千鶴ったらもう! 私が尻軽みたいな言い方やめてよねぇ!」 「だってそうだろうに」 「若気の至りよぉ。もうとっくに足は洗ったわ」  娘の前でとんでもないカミングアウトをするんじゃない。 「違う……違うんです千鶴おばさん……」  ついに手で顔を覆ってしまう宵子だった。
/246ページ

最初のコメントを投稿しよう!