幼馴染は鈍感で

1/2
0人が本棚に入れています
本棚に追加
/2ページ
    「あっくん、今日も一緒に帰ろう!」  放課後。  敦弘のクラスに入っていくと、いくつかの冷やかしの目がこちらを向いた。視線だけでなく声に出す者もいる。 「またヨメが来てるぞ」 「羨ましいぜ、幼馴染のいるやつが」 「今日はバレンタインだからな」  彼のクラスでは、私は敦弘の『嫁』あつかいだ。彼の耳にも聞こえているはずだが、鈍感な敦弘は誤解している。愛称の『よめ』だと思っているのだ。  私の名前は「清芽」と書いて「きよめ」と読む。ただし「きよめ」では母親の「清美(きよみ)」と紛らわしいので、昔から「よめちゃん」とか「よめ」とか呼ばれてきた。  でも、親しくない男の子たちが私を愛称で呼ぶわけないのに!  なんで敦弘はわかってくれないのだろう! 「もう二月も半ばってことは、そろそろ今年最後の実力テストか……」 「実力テストは日頃の蓄積。付け焼き刃の勉強じゃダメだよ、あっくん」  駅前の商店街を抜けて住宅街へと続く道を、二人で並んで歩く。彼の部活がない日の、いつもの下校風景だ。  私と敦弘は小学校も中学校も高校も一緒で、母親同士が昔からの仲良し。家も近所なので、家族ぐるみの付き合いだ。 「そうだけどさ。でも勉強って、一人だと難しいだろ?」  前々から敦弘は、一人で机に向かうと勉強以外のことをしてしまう、とよく言っている。それで定期テスト前は、私の部屋で二人で勉強する習慣になっていた。  実力テストは定期テストとは違うから、私としては、改まってテスト勉強の予定はなかったが……。  敦弘と一緒ならば話は別だ。しかも今日はバレンタイン、いつどうやってチョコを渡すか悩んでいたけれど、部屋で二人きりになれたら、いくらでも機会はある! 「じゃあ、今日から一緒に勉強しようか」 「そう言ってもらえると助かる」  嬉しい返事だ。顔では何気ないふうを装いながら、心の中で私はガッツポーズした。  かつては「よめちゃんのお嫁さんになる!」と言っていた敦弘。『嫁』と『夫』の区別もつかないほど小さい頃の話であり、当時は家族公認のカップルみたいだったが、いつのまにかそんな空気は消えてしまった。  今では単なる仲良しの幼馴染だ。親友と言えば聞こえはいいが、異性として意識されていないのでは、と心配になるくらい。  私としては、小さい頃よりむしろ今の方が敦弘を好きなのに!  いくらアプローチしても気づかない彼を振り向かせるには、バレンタインは絶好の機会。今年こそ何とかするつもりで、手作りチョコを用意してあって……。    
/2ページ

最初のコメントを投稿しよう!