予告信号*少女兵

1/1
9人が本棚に入れています
本棚に追加
/1ページ
灰色の空を否定するように降りしきる、白い雪の数多。 結晶は、差し出した手に、無邪気に何も分かってないように、落ち、身体を溶かす。 不思議と、冷たくない。 冷たくないモノが滾々と地を目指す中、何で、こんなに冬は寒いのか考える。 恐らく、人間が、目から見ることができて、体で感じることで無意識のうちに判別しているからだろう。 何も感じることが出来なかったら、手なんか差し出さないだろう。相手の気持ちを汲み取って理解することをしない人と同じだ。 分からないから、相手の気持ちが分からないから、だけで助けを求めている人達なんか見捨てて、淡々と漠然の中を生きているのだろう。 私が独り住む、ログハウスとでも言うべきか分からない建物の近くで、白い息を吐く。頭上を軽々と越し、消える。喉には、鉄のように冷たい外気が染みる。 すると、葉をなしていない枝だけの木に積もった雪が、ズシリと雪の埃を散らした。野生動物でも出てきたのかなと、侘しい細い木を見る。 それは、 ───流れ星だった。 ─────冬に横たわる、小さい箒星だった。 ただ、──魅了させる。 流れ星だと語弊が生じるが、そこには、雪に横たわる、 一人の少女がいた。 何時間も動いていないのか、身体の線が見えてこない。 私は焦って、サラサラな雪を掻き分ける。 すると、少女ははっきりと、私の腕を弱く掴んだ。 蒼白な顔を醸し、彼女は震えた枝のような声を出す。 「私の名前は、雪咲(ゆきえ)、なんです」 「雪咲を、助けて、くれます、か?」 充電が切れたように意識を失った少女を、助けるべく、私は急いで彼女を背中に乗せた。 ぽっかりと空いた穴からは、一輪の待雪草。
/1ページ

最初のコメントを投稿しよう!