ボートのふたり

1/8
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/8ページ
「もう、ダメだ・・・」 「何を言ってるんだ、あきらめるんじゃない!」 ・・・と、この物語は、よくある定型文で始まる。 さて、この定型文に当てはまる状況は? 吹雪の山小屋、銃弾飛び交う最前線、それとも模試の悲惨な成績・・・ いや、違う。 ここは大海原。 救命ボートが一艘、見渡す限り何もない。 数週間前、貨物船が沈没した。 生存者は、ボートのふたりだけ。 照りつける太陽。 幸いスコールの季節で、水は確保できている。 だが、ボートに備え付けられた非常食はたった数日分、とっくに食べ尽くしていた。
/8ページ

最初のコメントを投稿しよう!