あぐり 長徳の政変を見つめた少女

平安時代に路上で生きる少女、あぐりの恋と成長の物語です

渡瀬水葉(みずは)

3時間5分 (110,989文字)
過去作を大幅に改稿いたしました。宜しくお願い致します。m(__)m

14 273

あらすじ

自分を「鬼っ子」と豪語して荒々しく生きる少女・あぐり。 ひょんなことから中関白家(なかのかんぱくけ)の次男、藤原隆家と出会う。 隆家の姉は一条帝の中宮(正室)定子だった。 定子失脚の「長徳の政変」にス

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2022/9/20