頬に落ちる、透明な君

1/19
1人が本棚に入れています
本棚に追加
/19ページ
あの日君は、誰よりも美しく泣いていた。 夏の陽炎を切り裂くような、気高く清廉なあの涙。 僕は、ずっと忘れないよ
/19ページ

最初のコメントを投稿しよう!