真実は記憶の片隅に、、歪んだ愛

心の春ってなんだろう?もしかして安らぎかな?そんな疑問を問い掛ける彼女であった。

亜井下茶女(アイカチャメ)

29分 (17,360文字)
平穏な日常とは、辛い過去を忘れることでしょうか?それとも何かあるのでしょうか?

6 226

あらすじ

木下藤吉は、昔のトラウマで眠れない夜を過ごしていた。 そんなこともあり、師匠、大学教授の井上先生によって、、 辛い昔の記憶を催眠療法で封印することにしました。 そして、十数年が経過して、女子高生の坂上

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません