望まぬ会遇

1/20
27人が本棚に入れています
本棚に追加
/254ページ

望まぬ会遇

 (うら)らかな春の青空を切り裂く悲鳴。  我先(われさき)にとなりふり構わず逃げ(まど)う人々を横目に辿り着いた"現場"に、息を呑んだ。  無機質なアスファルトに転がる、薄紅色のワンピース。女性だ。顔には柔らかなアッシュピンクの髪がかかっていて、表情は伺えない。  が、明らかな異常事態であることは一目瞭然だった。  季節を写し取ったような花柄の生地が、瞬く間に鮮血に染まっていく。 「……くそっ、タイミング悪すぎだろ」  俺――麻野巧人(あさのたくと)は抱えていた紙袋を放り投げて、女性の元へと駆け寄った。  後方で、重みを受けた路上が鈍い音をたてたる。  それもそのはず、あの中には三日ぶりに買い込んだ食料品を詰め込んでいた。  勿体ない。思ったのは一瞬で、即座に切り替えた俺は「すみません」と断りをいれ、動かない彼女の首元を確認した。 「……やっぱりな」  首筋に、"吸血痕"。被害にあってから、そう時間は経っていないようだ。  その肌も、線を描き落ち行く血潮も、まだ温かい。
/254ページ

最初のコメントを投稿しよう!