落ちてきたのは死者

1/1
11人が本棚に入れています
本棚に追加
/1ページ

落ちてきたのは死者

 それは何気ない日曜日の昼下がり。駅へと向かう住宅街のど真ん中。ふと異変に気づいた僕は視線を上に向ける。  空から何かが落ちてくる!  すごい勢いで落ちてきたかと思うと、地面に衝突する間際、柔らかいオーラがそれを包み込み、ふんわりと地上に着地させた。  駆け寄ると、そこには彼女がいた。  半年前に病に倒れ、若くしてこの世を去った僕の恋人。人生で初めてできた彼女であり、最後の彼女。あの日、運命はふたりの仲を引き裂いた。泣き腫らした日々はまだそう遠くない。死別からまだ立ち直れていない僕は、突然の彼女との再会に胸を震わせた。  彼女はゆっくり起き上がると、僕を見て言った。 「タケル?」 「ミサキ?! ミサキだよね……?」 「うん」  まるで寝起きのようにポカンとする彼女。もちろん僕だって同じだ。何が起きたか理解などできるわけがない。  幸いにも周囲に人の気配はなかった。空から人が落っこちてきたなんて知られたら、きっと大騒ぎになっていたことだろう。  あの日と変わらぬ彼女を前にして、僕の身体はひとりでに動き出す。気づけば彼女に飛びつき、力いっぱい抱きしめていた。彼女の存在が幽霊でも幻想でもよかった。こうして再び彼女に触れられている事実は、奇跡に違いないんだから。 「めっちゃ美味しい! 久しぶり過ぎて、むしろ懐かしいんだけどッ!」  目の前に積まれたパンケーキ。それを喜々として頬張るミサキ。彼女がこの世を去る前と、何ひとつ変わらない時間が流れる。 「ほんとに生き返ったのかなぁ?」 「わたしにもわからないよ」 「僕の願いが叶ったとか」 「かもしれないね!」  アイスコーヒーを飲み干して彼女が笑う。  なぜ空から落っこちてきたのか、なぜ命を吹き返したのか、彼女自身、何ひとつ思い当たるふしがないそうだ。病に倒れてから今日までの記憶すらないという。  あれから僕とミサキは、彼女の両親や知人たちに、事態を説明して回った。誰もが理解に苦しんだのは当然のこと。隣家のおばあちゃんなど、驚きのあまり卒倒してしまったほどだ。ただ、ミサキがこの世に還ってきたことへの喜びは、みんな一様だった。 「ねぇ、タケル。このニュース見て」  さっき契約したばかりのミサキのスマートフォン。画面に映し出されたニュースは僕らを震撼させた。 「死んだはずの男性が空から落ちてきた?!」 「――って書いてあるね」 「ミサキと同じだ……」  彼女だけなら僕が起こした奇跡――としてなんとか受け止められただろう。でも、同様のケースが発生するとなれば話は別だ。  パンケーキを食べ終えた僕らは、妙な胸騒ぎを覚えながらスイーツショップを後にした。  それからというもの、日本だけでなく世界のあちこちで同じ現象が報告された。  空から死者が落ちてくる。  発生件数は日に日に増していき、今じゃ都会の空に星を見つけるよりも簡単に、空から落っこちる人影を見られるようになった。  そんなある日、テレビ番組で特集が組まれることになった。空から落ちてきたひとりの男性が生放送に出演。どうやら彼は一切の記憶を失っておらず、番組で事の顛末を語るという。  世界中が固唾を呑んで彼の言葉を待った。 「まもなくこの世は大変な事態に陥る。もはや手遅れだ。逃げることも隠れることもできない」  男は言い放った。 「どういうことでしょう……?」 「長い地球の歴史の中で死んでいった全ての人間が、あの世から落ちてくることになる」 「どうしてそんなことが?!」 「あの世とこの世を隔てる壁が崩壊してしまうからだ!」  大げさなジェスチャーとともに、男は声を張り上げた。 「寿命を迎えて死んでいく者には、あの世へと通じる専用の道が用意されている。しかし、自ら命を断つ者にはそれが用意されていない。なぜならそれは、自然な死ではないからだ。自害を選んだ死者たちは、隔たりの壁を突き破ってあの世へ行くことになる」 「なるほど……」 「自殺者があまりにも多くなった昨今、その壁には無数の穴ができ、耐性を失った壁はまもなく決壊してしまう」 「まもなくとは、どのくらいで――」  インタビュアーの言葉を遮るようにして、男は言った。 「窓の外を見てみればわかる」  男の宣告に絶望した僕は、テレビから目を逸らし、窓から覗く空を見た。すると、もはや手遅れと言わんばかり、空は人影で覆い尽くされていた。  無数の人間が空を舞って落ちていく。まるで重苦しい雨のように。これまでの歴史の中で死んでいった者たち。その全てが空から落ちてくる。 「終わりだ……」  地球は一瞬にしてパンクしてしまうだろう。不測の事態どころの騒ぎじゃない。惜しまれながら死んでいった者たちが生き返ることは、本来であれば喜ばしいことだ。それが皮肉にも、世界を破滅に追いやるなんて。  絶望感に襲われながらも、僕は思わず笑ってしまった。気が狂ったからじゃない。空から降る死者の中に、偉大な歴史上の人物が散見されたからだ。  織田信長に千利休、卑弥呼の姿も。 「歴史の人物画って、よく描けてたんだなぁ」  人影に覆い尽くされる世界を傍観しながら、偉人探しゲームに耽る僕がいた。
/1ページ

最初のコメントを投稿しよう!