鼈甲の細工物

1/5
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/5ページ
乱れた息を堪えながら一度深く息を吐き、修之輔は弘紀から体を離した。背から抱えていた小柄な体に、途中、加減を失って余計な力を加えた気がしていた。 「大丈夫か」 と声を掛けると、弘紀の息も上がったままで、けれど小さく頷いて、水が欲しい、と囁く声が寄越された。 弘紀のその要望を叶えるため、修之輔は寝床から起き上がる。 枕元から少し離れて、部屋を照らす一本の灯明が揺らめく確かその下、この部屋に足を踏み入れてすぐ、抱き着いてきた弘紀と言葉も交わさず唇を重ね、敷布の上に二人して縺れて倒れ込んだその前に、ちらりと光る物を見て、あそこにあるのは水差しか、と微か目の端に留めていた。 盆の上に置かれたその水差しは、土瓶の形はしていても、透明な硝子で出来ていた。 昼の日中に見れば冷たく硬い硝子の質も、真夜中の今は灯明の光にとろりと蕩ける。 持ち上げてみれば揺らめく明かりが硝子を透いて、畳に光を躍らせた。 その様子に少しの間、目を奪われて、修之輔の視線の先に気づいた弘紀が、透明だと残りの量が一目でわかって便利です、とひどく現実的なことを口にした。 水を注いだ汲み出し茶碗は、白磁の肌に金彩が細やかな流紋を描いて、黒地の雲形に赤い花片が数枚、はらりと舞って散っている。 華やかな装飾のその汲み出しを弘紀の手に直接渡し、触れた指先でそのまま軽く手の甲を撫でると、弘紀は、くすぐったい、と目を細めた。 弘紀の形良い指が、華麗な磁器の肌を支えて、唇が縁にそっと触れる。 さっき、あの指が自分の高まりに絡んでいた感触、自分の唇と隙間なく重ね合わせたときのあの唇のあの温度。 全ては飲まずに一口分の水を残して弘紀が汲み出しを返してよこす。 修之輔が飲む分には足りなくても、これを飲めと言外に、求めてこちらを眺める弘紀と目を合わせながら、残り、雫も残さず飲み干した。 弘紀はそれを見届けて満足そうに、引き寄せた脇息に寄り掛かる。 汲み出しに新たに水をもう一度、注いで飲んだその後に、修之輔は弘紀の背から寄り添って、脇息を外させた代わり、弘紀の身体を自分の膝に抱き寄せた。 胸に頭を預けてくる弘紀の肩から白絹の単衣が落ちかけて、胸元の肌が露わになる。 もう一度、は、もう少し後。 それでも首筋に指を伸ばしてそっと撫で、自分がそれを待っていることを言葉に出さずに弘紀に伝える。さっきの交わりで湿る汗、ひんやりと、吸い付くような肌の感触が心地良い。 余韻を引き摺って過敏なままの皮膚の感覚に、弘紀がついっと、身を捩る。触れたい指を我慢するその代わり、波に洗われる可憐な造形の貝殻にも似たその耳朶に、尋ねごとを囁いた。 「前の宿直の時は会えなかったのに、弘紀のあそこは随分柔らかかった。自分で触っていたのか」 あからさまなその問い掛けに、弘紀の耳の後ろが、さっと少し赤くなったのが見て取れた。 「はい」 それでも素直に答えるその声は、日頃の声より艶めいて、こちらに寄越す目線には微かに媚態が透いて見える。 「指で、だと届かないのではないのか」 良いところに、と先ほどまで触れていた弘紀の体の内を思い出しながら聞いてみる。 「道具は、たまに使っていますが」 その答えは、予想外だった。 「気になりますか」 何故か攻守が入れ替わり、弘紀がどこか悪戯な目つきで聞いてくる。 「……それはどんな」 修之輔がかろうじて言葉を発すると、弘紀はするりと修之輔の腕の中から抜け出した。そして床の間、違い棚の下、小さな戸棚の奥の方から何かを取り出し持ってきた。 「これです」
/5ページ

最初のコメントを投稿しよう!