バッドエンドで終わらせない

1/4
2人が本棚に入れています
本棚に追加
/4ページ
「やっと、見つけた」  今、アタシの前には、ずっと追い続けた男がいる。  竜殺しの英雄が。  とある王国で城仕えする天才魔術師のアタシと、まあまあ腕の立つ東方の忍者と、それなりに役に立つ癒し手(ヒーラー)と、斧の扱いにかけてはこの王国で右に出る者はいなかった、騎士団長の彼。  ここ数十年、王国の各地を襲っては、黒い炎で人を、家畜を、村まるごとを燃やし尽くした魔竜。それを追い詰め、四人で倒したのだ。  だけど。  英雄になったその晩、彼は城の祝賀会場を一人抜け出し、そのまま行方をくらませた。 『魔竜を倒したら、結婚しよう。盛大な式でなくて良いんだけど、君と私の立場を考えたら、周りが勝手に盛り上げてしまうかな』  照れ笑いすると幼く見える顔の印象と、アタシの瞳の色である紅玉(ルビー)を抱いた指輪。  そして、騎士団長なんて大層な肩書きに似合わない、おずおずとした控えめな口づけ。  その記憶を、アタシに残して。
/4ページ

最初のコメントを投稿しよう!