第1話 誕生日に捨てられた令嬢

1/5
694人が本棚に入れています
本棚に追加
/32ページ

第1話 誕生日に捨てられた令嬢

「リーズ、お前はもうこの家の人間ではない、二度とここに足を踏み入れるな」  彼女は自分が何を言われたのかわからず、その場に呆然と立ち尽くす。 「お父様っ!!」 「記憶もないくせに偉そうに『お父様』などと呼ぶな!!」  彼女は反論もさせてもらえないうちに、父親に馬車へと押し込められる。  どうして、という気持ちが彼女の心を支配して離さない。  軽蔑したような目で見遣る彼女の父は馬車が消え去っていくのを見届けもせずに、黙って自室に帰っていった。  彼女──リーズ・フルーリーは17歳の誕生日の今日、父親に捨てられた。
/32ページ

最初のコメントを投稿しよう!