公開裁判 寿・現在

14/23
1801人が本棚に入れています
本棚に追加
/381ページ
「先輩方、ありがとうございました。あの、私、しばらくしたら、パリに引っ越すので、その前にまたこうやって会いたいです」 「パリに行くのか、芹沢。そうか、せっかく帰ってきたのにな」  広瀬の顔は本当に残念そうだった。 「パリならヘンクまで近いんじゃねえのか」  里中の言葉に、永倉がスマホで調べだした。 「近いっつっても、こっから東北ぐらい離れてるけどな。まあでも、会えない距離じゃねえな。良かったな、キャプテン」  粋は黒目を小さくして首を傾げた。  たぶん、いや絶対に分かっていない。フランスとベルギーが同じヨーロッパでお隣だとすら、分かっていないのかもしれない。 「東京から東北のほうって、新幹線ですぐだろ? え、そんな近いの?」 「飛行機ならブリュッセルまで一時間、ユーロスターでも行けるのか。お前は向こうで車を買って、ブリュッセルまでは車で行けば時短になりそうだな」  粋の瞳がキラキラと輝きだした。頬には赤味まで差している。 「よし、寿、早く帰ろう。じゃあな」  寿のコートとバッグを持つと、粋は座敷から出て行った。 「ちょっと待って! もう! じゃ、今夜は本当にありがとうございました。山原、林、また会おうね。クラス会、行くつもりだから」  年末近くにクラス会をやるとグループLINEが回ってきた。まだ返事をしていないが、寿は行くつもりだった。 「芹沢、気を付けてな!」  与井が奥から手を振った。手を振り返すと、ブーツを履いて先に行った粋の後を追った。
/381ページ

最初のコメントを投稿しよう!