女の子は校則に負けない

4/4
18人が本棚に入れています
本棚に追加
/4ページ
 ※ ※ ※ 「清水先生、なんですかそれ?」  没収した紙袋を持って職員室に入ると、後輩の女性教員・江口(えぐち)がクッキーを頬張りながら訊ねてきた。 「生徒が校内に持ち込んだチョコレートだ。まったく、手が焼けるよ」 「真面目だなあ。バレンタインくらい青春させてあげたらいいじゃないですか」 「君はいつになったら女子高生気分から抜けるんだか」  教員という立場にあるまじき江口の言動にため息をつきつつ、没収した紙袋をデスクに置く。 「どれどれ、どんな贈り物だったのかなっと」 「こら、あんまり覗くものでは……」 「わあ! 包装かわいい!」    リボン付きの菓子箱を取り出した江口が、再び紙袋の中を見て「ん?」と目を細めた。 「これって……なるほど、そっかそっか」  袋の底を覗く江口の顔に、よからぬ類の笑みが浮かぶ。 「どうしたんだ?」 「いえいえ」  クッキーまみれの右手で口を覆った江口が、いたずらっぽい声音で続けた。 「清水先生、ダメですよお。校則違反に加担しちゃ」 「どういう意味だ?」 「考えてみたら清水先生、去年のバレー大会で大活躍でしたもんね! 納得ですう」 「だから、何の話を……」  全校行事のバレー大会、たしかに教員チームの一員として出場したが、どうして今その話が。 「とにかく、中見てみてくださいよお」  一瞬のためらいの後、差し出された紙袋の底を覗き込んで。 「な! 騙された!」  思わず、叫び声をあげていた。    花の模様で縁取られたメッセージカードの中央、見覚えのある丸っこい文字で表されていたのは。  背伸びした関係に憧れる女子高生の、危うくて抜け目のない恋文だった。 【清水先生! 受け取ってくれてありがとうございますっ!】
/4ページ

最初のコメントを投稿しよう!