プロローグ

1/1
89人が本棚に入れています
本棚に追加
/11ページ

プロローグ

「ラビット、可愛い!」    わたしが10歳のとき、お友達の狐くんに頬へキスされて、前世の記憶を思い出した。     ここは……大、大、大好きだった乙女ゲーム「けもも愛」だ。わたしの黒髪、長い耳と赤い瞳、丸いフワフワな尻尾――もしやわたしは悪役で、公爵令嬢で兎族のラビット・ノワール?  だとするとわたしの頬にキスをした、この男の子……茶色の髪、耳と琥珀色、モフモフの尻尾は。お友達じゃない……わたしの婚約者の狐族の第一王子のフォックス・グレイス様。  わたしの愛してやまない推しキャラだ。 「ラビット?」 「⁉︎」  愛しのキャラが……わたしの名前を呼んで、わたしの側で首を傾げたぁ!  あれ?  あれれ!  わたしの鼓動がポンと跳ねて。  わたしは真っ黒のウサギに獣人した。  え、ええ? 獣化ってヒーロー、ヒロインだけではないのぉ?
/11ページ

最初のコメントを投稿しよう!