ろく

1/1
89人が本棚に入れています
本棚に追加
/11ページ

ろく

 アルとルフ様の前から姿を消した、フォックス殿下はわたしを自分の寝室に連れてきた。ベッドの上、黒ウサギとなったラビットは本能に逆らえず――フォックス殿下に近寄り甘えてしまう。 (うう……体が勝手に動いて、フォックス殿下にスリスリしちゃう……嬉しいけど、恥ずかしいよぉ)  獣化したわたしは、フォックス殿下のことが好きな黒ウサギ。 (獣化から戻るまで、離れられない)    一日はこのままか、わたしの好きが満たされないと、元に戻れない。獣化して、いつもとは違い逃げないわたしに、フォックス殿下は嬉しそうに寄り添う。 (……気持ちいい) 「もっと、して」 (あ、兎のときは『ほんね』が口からスルッと出てしまう)   「僕に甘えている、ラビット可愛い」 「……フォックス殿下」  誰がみても二人は両思い、婚約者だしいいのだが。  側近アルと精霊獣ルフ様は獣化したときよりも、獣人となった可愛いラビットをみて、狐のフォックスが我慢できるかが心配なのだ。  ルフ様いわく。 「アイツの愛はどす黒くて、ネッチョリ、重いにゃ」  だそうだ。    ❀  フォックス殿下の寝室で、同じく獣化したフォックスにスリスリされるラビット。    幸せ……フォックス殿下、大好き。   「チッ、ラビットの甘い匂いがうすれる。もう、戻るのか……」  わたしはフォックス殿下から多くの愛をもらって、獣化からボフッと獣人の姿になる。だけど、着ていたドレスはアルが"魔法の箱"に回収済みで――裸だ。  わたしはシーツを手繰り寄せて、体を隠した。 「フォックス殿下、見ないでください」 「そう言われてもね、見えてしまうのは仕方がないかな?」 「…………っ!」  狐の姿のフォックス殿下が見てくるのが、恥ずかしくて、わたしは彼の瞳をかくした。   「ラビット?」 「だって、見るから」 「フフ、可愛いなぁ……ラビット、ベッドの下に落ちている、僕の服を拾って着替えて」 「シャツ? いいのですか? ……お借りします!」  ベッドの下に落ちている、フォックス殿下のシャツを着た。  あ、こ、これはだめ……フォックス殿下の濃厚な香りがする、香りにクラクラする。濃いフォックス殿下の香りに徐々に真っ赤になるわたしを見て、フォックス殿下は目を細めた。 「ごめんね、僕が脱いだシャツしかなくて」 「い、いいえ。貸していただき、ありがとうございます」 「さぁ、ラビット」  わたしはベッドに戻り、狐姿のフォックス殿下をなでる――それは幼い頃からのわたしの係。 「なで、なで、気持ちいいですか?」 「ああ、気持ちいい」  目をつむり、されるがままのフォックス殿下が愛おしくて、わたしにとっても幸せの時間になる。  ――でも、ゲームのフォックス殿下は終盤になってから獣化していた。でも、いまは何かの拍子に獣化してしまうと言っていらした……  フォックス殿下のトリガーはなんなのかしら?
/11ページ

最初のコメントを投稿しよう!