どうする、魔女と魔法使い(まんま、大河のあれ)

1/6
74人が本棚に入れています
本棚に追加
/10ページ

どうする、魔女と魔法使い(まんま、大河のあれ)

それは、冬の某日── 魔女の一人、櫻さんから連絡が入る。 (*´ω`*)「マチさ~ん。今度ね。圭ちゃん(藤白圭)の快気祝いをするから、4月に名古屋に来ない?」 ※圭ちゃんが何から快気するかを知りたい方はこちらを読んで頂くきたく→https://estar.jp/novels/26027054 (* ̄∇ ̄)なんと。圭ちゃんの怪奇……あ、いや、快気祝いとな。 そういえばあの人、入院するって言ってて、皆が凄い心配してて。その中で、こんな呟きしてたっけか…… (-ω-#圭)「酒が飲みてぇ!!俺に酒を飲ませろぉぉ!!」 (* ̄∇ ̄)……………….。 (# ̄∇ ̄)「行くわ。仕事、ぶっちして行くわ。あやつに、健康のなんたるかを言わないとアカンから行くわ。食育ってやつのなんたるかを教えとかんとアカンから、行くわ。ブーメランブーメラン、あなたはきっと戻ってくるだろうけど、言わずにはいられないから行くわ!!(マチ子さんは、ものすごい貧血持ち)」 そんなわけで、4月22日。魔女集会開催。
/10ページ

最初のコメントを投稿しよう!