【Prologue 舞踏会の夜】

1/3
41人が本棚に入れています
本棚に追加
/140ページ

【Prologue 舞踏会の夜】

「時計の針が十二時を回った時、貴方の魔法は解けてしまいます。……ただの灰かぶりに戻ってしまう前に、帰って来てね」  魔法使いはそう言った。  銀暦(ぎんれき)二四七三年、晩秋。ペロア大陸東部レヴオルロージュ王国。  城下町を駆け抜ける人馬の影が一つ。丁寧に舗装された石の道を蹄が蹴る。  手綱を掴んでいるのは月明かりに照らされて輝く美しい人物である。父の再婚相手とその娘達に酷い仕打ちを受け「灰かぶり」と笑われる日々を送っていたが、突然現れた魔法使いから衣装を受け取ってすっかり見違えた。馬を走らせ、灰かぶりが目指すのは王宮だ。  今宵は舞踏会。豪勢な食事が振る舞われ、楽団の演奏が大広間に響き渡り、着飾った紳士淑女が手を取り合って踊る。集まった人々の美しい装いが大広間の装飾と相まってきらびやかな空間を作り上げていた。  貴族達の馬車に並べて馬を休ませ、灰かぶりは大きな扉を抜けて大広間へ進む。先に到着していた義姉達の傍を通ったが、彼女達はいつもと違う灰かぶりには全く気が付かなかった。  やがて大広間に王子が姿を現すと歓声が上がった。フリルとレースに覆われた女性達は王子の姿を一目見ようと、そして王子の視界に一度でもいいから収まろうと、熱い視線を彼に向けながら我先にと距離を詰めた。皆一様に笑顔を浮かべているが、彼女達はドレスの下で互いの足を踏み付け合うようにして王子の周りで犇めいている。次期国王である王子は十九歳。色恋の話題があまり上がらないおとなしく控えめな少年である。末永く王子の隣に座る権利を得ようと女性達は自らを見せ付けるが、王子は勢いに押されて苦笑しているだけだった。 「順番、順番にね。僕はいなくなりませんから」  押し合いへし合いをしている女性達を宥めながら王子は言う。さて、それではこの中の誰と最初に踊ろうか? 自分を取り囲むフリルとレースの塊達を見回した王子の目に留まったのは、流れるように揺れる美しい銀色の髪だった。灰かぶりである。灰かぶりは王子にも、それを囲む女性達にも目もくれず、大広間を颯爽と歩いて行く。  銀の髪、青い瞳、金の刺繍が施された衣装。ひときわ目を引くのは足をぴったりと包む透明な靴である。そんな靴、誰も見たことがなかった。王子も、女性達もその姿を目で追った。楽器の音や人々の声の中、固くて脆いガラスの靴が床を蹴る。 「そこの貴女。マドモワゼル、もしよろしければ僕と踊っていただけませんか」  フリルを割るように進んで、王子は灰かぶりに声をかけた。 「えっ……。私、ですか……?」
/140ページ

最初のコメントを投稿しよう!