Verre-1 灰かぶりと魔法使い

1/11
38人が本棚に入れています
本棚に追加
/140ページ

Verre-1 灰かぶりと魔法使い

 穏やかな昼下がり、とある貴族の屋敷でお茶会が開かれていた。父であるサンドール子爵に同行した幼い息子のリオンは、大人達の難しい話から距離を取って庭に咲く花を観察しながらお茶菓子を口に運んでいる。 「ねえ! ねえ、そこのあなた!」  イチゴのタルトをフォークでつついていたリオンは、茂みの中から飛び出して来た女の子を見て目を丸くする。びっくりして動けなくなっているリオンをよそに、ふわふわの金髪の女の子は髪や服に付いた葉を払い落しながら距離を詰めて来た。  どうしてこんなところから女の子が出て来るんだろう。リオンは女の子の様子を窺う。貴族の屋敷にいるのだから、この女の子も自分のようにどこかの貴族のお嬢様なのだろう。そう考えて彼女の装いを確認し、豪奢なワンピースを纏っているのを見てうんうんと頷く。 「あなた、そのお菓子美味しそうね。わたくしにもくれない?」 「これはぼくのものです」 「えーっ、くれないの。それじゃあ持って来てちょうだい!」 「お菓子はそこのテーブルにありますよ。自分の食べる分は自分で持って来るべきです」  大きなイチゴを頬張るリオンのことを女の子は羨ましそうに見ている。 「あげませんよ!」 「むー。分かったわ! 分かったわよ!」  女の子は口を尖らせ、地団太を踏んでからテーブルへ向かった。しかし、どうやら背が届かないらしい。小さなリオンよりも小さな女の子には、大人達も使っているテーブルは高すぎたようである。  しばらく様子を見ていたリオンは、やれやれと溜息を吐きながら皿とフォークを取ってあげることにした。少し背伸びをしてタルトの載っている皿を取ってあげると、女の子は目をきらきらとさせながらリオンを見上げた。フォークを渡してあげると、さらに目がきらきらする。 「ありがとう! 素敵な方! さっきは嫌なやつだと思ってしまってごめんなさい!」 「困っていたら助けるのは当然なので。……きみはどこのお嬢様? どうしてあんなところから?」  イチゴのタルトを嬉しそうに頬張って、女の子はリオンを見つめる。 「わたくしはシャルロット。お母様の用事で、少しの間近くにいるの。ふふ、ここに来たのは内緒よ」 「内緒」 「こっそり抜け出して来たの。ここでお茶会があるって聞いて、気になって。おじさんやおばさんばっかりだなって思っていたらあなたがいて安心したわ! タルトも取ってくれたし!」 「大人の人に言わないでお出かけするのはよくないです」 「もう、みんなみたいなこと言わないで。ねえ、あなたのお屋敷は近くにあるの?」 「夏の間はここから近い別荘に滞在しています」 「そう! そうなのね優しい方。あなたのお名前は?」  シャルロットはタルトをぺろりと平らげた。 「ぼくはリオンです」 「リオン! 素敵なお名前ね。素敵なあなたにぴったりだわ」  それが、リオンとシャルロットの出会い。
/140ページ

最初のコメントを投稿しよう!