モノクロの雨

1/7
10人が本棚に入れています
本棚に追加
/7ページ

モノクロの雨

 雨が降る。  世界が色褪せていく――。  まあ、白黒漫画みたいなものだ。  雨に打たれたものから色は抜け落ち、白と黒になる。最初は驚いたけど、そのうち慣れてしまった。すっかり雨に打たれた街並みの中で、色があるのはわたしくらい。  でもわたしを雨から守ってくれるお気に入りの水色の傘は、すっかり黒色。道路標識も白抜きに黒字。カラフルだったおもちゃ屋の屋根も、モノクロ。  足元を、溶けだした色に染まった雨が流れていく。 「桃、危ないよ。雨の日に外にいるなんてさ」  顔を上げれば、幼なじみが二階の部屋で顔をしかめていた。おせっかいなのだ、彼は。白黒の家に、彼の部屋や彼だけは色がある。当然だ、室内まで雨は入らない。 「いいのー!」  わたしは背を向けて、歩き出した。  この不思議な雨が振り出してからというもの、雨の日は外に出てはいけないことになっている。だって外に出て雨に当たれば、身体から色が抜けてしまうから。  じめっとした空気の中で、首元のネックレスが冷たく感じた。チェーンを指先でいじりながら、モノクロの道を歩く。  そういえば、今年のお祭りは雨の予報だ。きっと中止だろう。  提灯が灯るはずだった神社の石段が見えてきて、なんとなくかわいそうになったから、わたしは石段を駆け足でのぼった。雨乞い祈願から建てられた、小さな神社なのだそうだ。この雨が降る中では、だれも祈りになんて来ないだろう。  財布から五円玉を出して、賽銭箱に放り投げた。 「あめあめ ふれふれ かあさんが」  口ずさみながら、歩き出す。  雨が降る。わたしは水たまりを踏みつけて石段を降りた。跳ねた雨粒が靴下の色を落としていく。あーあ、お気に入りだったのに。  お祭り、中止になるなら、それでいいや。むしろ、そのほうがいい。今年はどうせ、行く予定がなかったから。 「こんにちは」 「わっ」  ふいに声をかけられた。びっくりして振り向けば、男の人が立っていた。すらっとしていて、なかなか美形だ。この雨の中、わたし以外に出歩いている人がいるとは。 「――雨、もっと降ってほしいのですか?」  彼は、わたしがついさっきまでいた神社を指さした。見られていたのだろうか。だれもいないと思ったのに。 「べつにそんなんじゃ」  と言いかけて、わたしはすこし考えて、うなずいた。 「そうですね、降ってほしいです」
/7ページ

最初のコメントを投稿しよう!