僕の罪

1/1
10人が本棚に入れています
本棚に追加
/17ページ

僕の罪

 この季節になると何時も君を思い出す。  夕陽に照らされ長い髪を風に靡かせ微笑む君を……。  こうなのったのは僕のせい。  それは解っている。  解っているけど思い出してしまうんだ。  目映い君を……。
/17ページ

最初のコメントを投稿しよう!