鬼が出るか蛇が出るか

17/29
59人が本棚に入れています
本棚に追加
/187ページ
 リング近くに併設(へいせつ)されているテーブル席には、実況アナウンサーと解説者がパイプ椅子に腰を落としている。そのまわりにはリングを囲むかたちで、試合を間近で見れる指定席が設けられている。すでにどこもかしこも満席状態だ。 ── カンッ! ──  試合開始のゴングが鳴り響いた。  実況中継をするアナウンサーの声がスピーカー越しに闘技場全体へ、いきわたる。 「さあ、始まりました。7年ぶり開催された第2回バトルオブデスマッチ。予選の第1試合は、あの百戦錬磨の暴食の女豹、陳 佩芳(チン ベイファン)! 対するお相手は日本から来た名もない格闘家、ハムサップロウです。えっ!? ハ、ハムサップロウ…? こ、これは、ふざけた名前ですね。しかし、身長は193センチ、体重が92キロとそれなりにウェイトのある選手です。えっと、ハムサップロウ選手の情報はあまりないのですが、暴食の女豹、陳 佩芳(チン ベイファン)選手は、我が国の古武術である多節鞭(たせつべん)の使い手です。──本日は、数々の武術のタイトルを獲得した(ちょう)さんにお越し頂いております。趙さん、今日はよろしくお願いします」 「こちらこそ、どうぞよろしく」 「では、さっそくですが趙さん、この試合どちらが優勢だと予測しますか?」 「そうですね…、ハムサップロウ選手の情報がまったくないものですから、今のところはなんともいいがたいんですが……陳 佩芳(チン ベイファン)選手は普段の試合では見られない多節鞭(たせつべん)を武器にしてますからね。これは彼女が最も得意とする武術ですんで、やはり彼女に分があるんではないかと思いますがね、それと…」  解説者の趙が話を続けようとした瞬間、アナウンサーが驚きの声をあげた。 「おっーと、出ました! これは、意外や意外、どういったことでしょう!? 賭けのオッズが、ハムサップロウ選手のほうが若干、(まさ)っていますね。えーと、ハムサップロウ選手が6で陳 佩芳(チン ベイファン)選手が4ですね。趙さん、これは一体どういことでしょうか?」  軽快にしゃべる実況アナウンサーが早口で問いかける。 「うーん、そうですね…」 「あーっと、いきなり陳 佩芳(チン ベイファン)の鉄の鞭がハムサップロウに炸裂したー! 胸に突き刺したーー !! これはもう開始早々で瞬殺かぁー!? 趙さん、これは、どう見ます?」 「そうですね、これは…」  解説者の趙が何かを言いかけたとき、再びアナウンサーが遮った。 「おっーと! ハムサップロウ選手、起き上がった!! いけない、結構、効いているのか!? 苦しそうに胸を押さえているぞ。趙さん、これはどう思われますか?」 「そうで…」 「あっ! これは、かなりの致命的なダメージを受けたのかー、ハムサップロウ選手の顔色がよくないぞー! この鉄の鞭は凄まじい破壊力だー!!」 「……」
/187ページ

最初のコメントを投稿しよう!