第一章 私をすきにならないの⁉

1/3
18人が本棚に入れています
本棚に追加
/48ページ

第一章 私をすきにならないの⁉

 わたしは目の前に立つ男子を、おどろきいっぱい、目を白黒させて見つめた。 「三条くん、なんで、わたしのこと好きにならないの……?」  メガネ男子・三条ソウマはロボットみたいに淡々とした声で言う。 「なんでと言われても、おれは恋愛なんて興味がない。それに――」  なにか続けられた言葉は、びっくりしたわたしには、もう聞こえていなかった。  三条くんは、すらっとしていて、ぱっと見イケメン。クラスの中で一番背が高い。でも、瞳も見えないくらい、ぶあついメガネをしている。  いかにもガリ勉って感じ。  学校の放課後。  わたしはそんな三条くんに呼び出された。  あ~、また男子から告白されちゃうのかぁ……。  とか思っていたら、三条くんは突然、わたしがかけていたメガネをうばったんだ。  あ、言い忘れてた。実はわたし、外出するときは、三条くんみたいに、ぶあついメガネをかけている。だって、わたしと目があうと、みーんな、わたしを好きになっちゃうんだもん。それはゼッタイのお決まりごと。  なのに! 「な、ん、で! 好きにならないわけ⁉」  三条くんの服の胸もとを、がしっとつかむ。 「わたし、かわいいでしょ! ふつう、好きになるじゃん⁉」 「そう言われても……。そんなことより、九重(ここのえ)さん」  そんなことより⁉ 「え、まって、わたしのかわいい顔より大事なこと、ある?」 「最近、おまじないをした覚えはあるか?」 「あれ、無視⁉ 三条くーん⁉ おーい!」  なんなの! 意味わかんない。 「……ていうか、おまじない? してないけど」 「いや、必ずしたはずだ。思い出せ」  がしっと、今度はわたしが肩をつかまれる。び、びっくりした。三条くん、背が高いから迫力あるんだよね……。  と、ランドセルに入れていたスマホが鳴った。こっそり確認すると、マネージャーからだ。はっとする。 「やっば、今日仕事だった!」  わたしは勢いよく三条くんの腕を振り払って、自分のメガネを取り返す。 「ごめんだけど、もう行くから! だけど、覚えときなさいよ、三条ソウマ……!」  ダサいメガネをかけると、教室を飛び出した。  夏空の下を、叫びながら駆け抜ける。 「わたしを好きにならないとか、ほんと、三条くん、わけわかんない!」
/48ページ

最初のコメントを投稿しよう!