アリと愛ス

1/1
55人が本棚に入れています
本棚に追加
/145ページ

アリと愛ス

 ありきたりな涙に  価値がないなんて思わないで  今日も彼の意志は  集積回路に詰まってる  織り目正しく結ばれた  蜘蛛の糸だったなら  上手くほどけたかもね  頑なだから  愛せない人なんだ  任務のようにしないで  拙い吐息でいい  掻き分けた海原の隅っこで  膝をついている  灯台の星は死んで  スポットライトは事故った  今はもう誰もいないから  スイッチから飛び出してよ  ここは舞台の上じゃないの  這いずり回ってお腹が焦げてしまいそう  だって炎天下でしょう  いつかの誰かの舌触りみたいなアスファルト舐めた  とろけたアイスのひとしずく  しぬまでのわたしの栄養  3、2、1、で瞳を閉じたら  黄色い子守歌揺れているあの場所へ  死神はいざなうのが仕事だからねって  優しく頷いてくれる  知りたかったの  どうしてこんな風になってしまったの?  喉で砕いてしまったの  だってうるさいから  追い払われてしまうのは嫌で  まだ生きていたいな  容易く死ぬのなんか  有名になれないよ  そう言った癖に  あ、夏がはじまったって感じ  ね。 ad77042d-282a-433e-9e8e-349b7d10c37e
/145ページ

最初のコメントを投稿しよう!