校門前で突然に

1/2
21人が本棚に入れています
本棚に追加
/18ページ

校門前で突然に

「俺と1ヶ月だけ付き合ってください!」  東京の寒さも増し始めた1月の事だった。本田(ほんだ)詩織(しおり)は下校際、レンガ造りの校門前で見知らぬ大学生風の男に告白された。 ――女子高の前で怪しすぎる。  人違いだと言って、親友と一緒に怯えて逃げた。  次の日も、また次の日も告白された。周りで見ている生徒達の囁きも、大きくなっていった。 「動画配信用のドッキリでも撮ってるんじゃない?」  昼休み一緒にお弁当を食べていた親友の神結(かみゆい)心亜(ここあ)が、最近SNSで流行っている30秒動画の話をした。 「なんでいつも私? スカウトなら分かるけど」 「分かるんかい!」 「花のJKですから」  詩織が心亜といつもと変わらぬ漫才みたいな会話をしていると、他の友達も加ってきて、あの男の話題で笑い合った。まさか、その日も待っているとは思わずに。  4日目ともなると路上ライブのように、所々遠巻きにギャラリーが出来ていた。さすがに校門から離れた場所で告白された。男に話しかけようとした心亜の腕を引っ張って逃げた。  5日目は先生に追いかけられながら、吉元(よしもと)新喜劇のような告白となった。その隙にさっさと逃げた。  休日を挟んだ放課後。ギャラリーが居たので警戒して門へ近づいた。たがそこに、あの男の姿はかった。次の日も、また次の日も。日に日にギャラリーは減っていった。  周りが興味を失うにつれ、詩織は気になってしまっていた。 ――なんだったんだろう。どうしたのかな。本気じゃなかったのかな。
/18ページ

最初のコメントを投稿しよう!