紡ぎの巫女

11/11
23人が本棚に入れています
本棚に追加
/11ページ
 闇が戻ってきた岩屋では、あれほど大きかった繭がほどけ、糸は持ち主のもとへ漂いながら帰っていった。私は赤い糸が消えていく様子を見つめていた。 「長い時間守ってきたのに、あっという間に消えてしまうのですね」 「すべての運命を巫女さまが世話していたことが、そもそも、おかしいんですよ。自分のことぐらい、自分で面倒みる。そのほうが効率いいに決まってます」  あっけらかんと彼は言う。 「だからいいんですよ、これで」  私の意思で、すべての運命を巻き込んでしまったことに罪悪感はあった。彼はそれを気遣ってくれたらしい。すこし、胸がすっとした。 「あ、糸が」  ふいに、彼が声を上げた。  岩屋から飛んでいく糸の最後の糸が、するりと私の小指に巻き付いたのだ。そのときになって、やっと思い出した。 「ああ、そうでした。私の糸は、切り捨てて、繭の中に放り込んだんです。繭に運命を捧げる巫女として」  すっかり忘れていた。そうか、ずっとあの中にあったのか。  糸が巻き付いた小指が、熱い。  私の運命も、やっと私のもとに返ってきたのだ。 「これで巫女さまも、ただのひとですね。さて、ぼくたちも行きましょうか」  彼が差し出す手を、私は取った。もう誰も、私が岩屋を出ることを邪魔しない。外へと歩く、一歩一歩を慎重に運んだ。 「でも、なんとなく寂しいのはどうしてでしょうね」  彼が言った。自分の小指から伸びる糸の切れ端をひらひらとさせている。 「繭に繋がっているうちは、多くのひとの糸と絡まっていましたから。糸が離れれば、孤独に思える。慣れ親しんだ巣穴を飛び出した子狐みたいなものです」 「そっか。うーん、繭は嫌いだったけど、そこだけ残念ですね。心に穴が開いたみたいな、変な感じです」  彼はうなって、数歩行き、「じゃあこうしましょう」と私に耳打ちをした。私は戸惑って、でもまあ、それもいいかと笑った。  彼の糸の端と、私の端。つまんで、じんわりと熱を持つ手で、紡ぎ合わせる。ふたつの糸はひとつの糸になる。  彼が糸を見て微笑んだ。 「運命を勝手に決められるのは嫌ですけど、巫女さまと結ばれているのは、うれしいです」  繋いだ手からも、結ばれた糸からも、彼の存在を感じて、すこしくすぐったい。でもこれなら、寂しくない。私も微笑み返した。  彼とともに歩いていく。  私が、そう決めた。  それが私の運命だと。  岩屋の出口が見えてきた。差し込む陽の光は、一体いつぶりだろう。まぶしくて目を細めた。 「行きましょう」  そうして彼と共に見た外の景色は、とても美しかった。 (了)
/11ページ

最初のコメントを投稿しよう!