4.愛すほど澄んでいく

2/6
1175人が本棚に入れています
本棚に追加
/196ページ
「あはは。ちょっと焦げているほうが実は好きだったりするんだ」 「僕もちょっと好き。焦げてても、焦げてないのも好き」 「おお、拓人と三佐は仲間だな」  制服姿の時は硬い自衛官の顔であることが多いのに、館野三佐がなしくずしな笑顔になってしまうのも、ここが自宅であるから。それ以上に、息子が出迎えてくれたから。 「岳人パパ。今日はお仕事締め切りで余裕がなかったみたいだから、就寝時間まで預かることにしたの。お風呂も入れてくれたら助かるって」 「そうか。だったら、拓人。おじちゃんと一緒に入るよな」 「うん。でも、プリント終わったらね」  思った以上に忙しい。夕食を食べさせて、プリントをさせて、お風呂も入れて――。これ、岳人パパ、いままでひとりでやってきたんだよねと、ほんと尊敬してしまう。  まずは三人揃っての夕食を開始。  お風呂の湯張りの間に、将馬がダイニングテーブルに座って、拓人の宿題を見てくれる。  終わったら、将馬おじちゃんと拓人が男同士で入浴。  岳人パパから預かった拓人のパジャマセットを準備。いつでも眠れる格好にして、眠くなったらこのまま寝ちゃってもいいし、いつでもパパのところに帰れるようにしておく。  バスルームから楽しそうな拓人の声が聞こえてくる。  本当の父子の和やかな入浴。  たまに岳人パパもこちらの家に泊まりにくるため、一室には岳人親子の宿泊部屋として使用している。  今日はそこで将馬が添い寝をしてくれる。眠ってしまっても眠らせたまま、彼がそっと岳人に返しにいくことも、もうなんどもあった。拓人も将馬と寿々花の家にはだいぶ慣れている。  パジャマに着替えて少し身体を休めたら、やっぱり眠そうな顔をしている。
/196ページ

最初のコメントを投稿しよう!