1 運命は満月の夜に導かれて残酷に

1/31
423人が本棚に入れています
本棚に追加
/300ページ

1 運命は満月の夜に導かれて残酷に

「あんたたち旅の人? この先の森に行くのはやめた方がいいよ」  家の前を、馬に乗った男たち数名が通り過ぎようとしていた。  庭先で薬草を煎じていた蓮花(リェンファ)は、手をとめて立ち上がる。  呼び止める蓮花の声に、男たちは馬をとめた。  軽装を装ってはいるが、がっちりした体格からして武人であろう。  町を見回る警備の役人よりも、はるかに強そうだ。  着ている衣の生地もしっかりしているから、きっと、それなりの身分の人たちだと思われる。それに、田舎っぽさがない。おそらく、都からやって来た者か。  身分ある者がなぜ、こんな辺鄙な山奥にやって来たのか知らないが、この先に続く森はとにかくヤバいのだ。  森を抜けた先には町があり、その町を抜けたその向こうに景安(けいあん)の都がある。  しかし、彼らが向かう森は通称〝虚ろの森〟と呼ばれ、魑魅魍魎といったたぐいのモノが現れるため、地元の者でも好き好んで入っていこうとはしない森だ。それも、間もなく日が暮れようとしている夜の森に。  やむなく通る時は、日の高い時間に、みな、拝みながら通り抜けていく。  人が踏み込むのをためらう魔の森だが、実は食材が豊富なのだ。  春はたけのこ、夏は果物。秋は木の実やきのこ、冬はユリ根にハマダイコンといった食料がたくさんで、さらに貴重な薬草も生えているから、蓮花自身、それこそ拝みながら森の中をうろついている。 「ああ、知っている。この森が悪霊が巣くう〝虚ろの森〟だからだろう?」  先頭にいる、たぶん一番偉いと思われる男が答えた。  武人と聞くと怖そうと思ってしまうが、男の声は意外にも若く、甘さを含む優しい響きであった。
/300ページ

最初のコメントを投稿しよう!