プロローグ

1/1
259人が本棚に入れています
本棚に追加
/24ページ

プロローグ

 その小さな肩は桝野(ますの)の腕の中で震えていた。桝野はその感覚を知っている。  またか。桝野は怒りよりも無力感を覚えずにはいられなかった。いつもいつも小さく弱いものだけに皺寄せがいく。力が強く声の大きなものが勝つような世の中なのだ。自分よりも弱いものを踏みつけても何も感じず、罪悪感の欠片すらない。そして罪にも問われない。  ならば──自分の身を挺してでも守らねばならない。あの時は出来なかったことを。  桝野はその腕に力を込めると、そっと目を閉じた。
/24ページ

最初のコメントを投稿しよう!